So-net無料ブログ作成
検索選択
ドイツ/オーストリアの旅 ブログトップ

坂を登って..城の見える丘へ [ドイツ/オーストリアの旅]

カレンダー通りの方は、今日は、お休みだったのでしょうか。
ちょっと肌寒い 連休初日でした。

欧州、アルプス以北は天気も行ったり来たり。
早々にノーマルタイヤに履き替えた車が、突然の降雪で...
ドイツでは、Autobahn(アウトバーン 高速道路)での事故が起こっています。

とはいえ...そんなこんなで初夏になって行くのですが。
連休、欧州方面へお出かけの方は、厚めのジャケットと防寒(防風)ようのコートを!

2週間ほど前のSalzburgも、気温は行ったり来たり...
日当たりは、暖かでしたが、日陰は..

さて、全ページの坂の途中に階段があります。
この階段を登って、丘の上へ。Hohen Salzburg(ホーエン ザツルブルク)と
Watzmann(ヴァツマン)のある風景を眺めるために。
階段のぼる姿さえカッコよい...jpg


単に階段を登っているだけなのに...
なんでこうもカッコよく見えるのでしょうね。
美男、美女のカップル。

よい天気でなにより...jpg


しばらく登ると分かれ道へ。
今回は、お城は見ません。
中に入ってしまうと、お城そのものが聳えている風景が撮れない!
それにSalzburgとBerchtesgadenの間に広がる平野の広がりを見たいので。


なだらかな坂道。
風景を眺めながら、ボチボチと。

気持ちがよいですねぇ..ちょっと一休み.jpg


視界が開け、遠くの山並みが見え始めます。
こちらはHallstatt(ハルシュタット)の方向。
そこにも絶景の湖があります。
どうぞお時間のある方は、自転車やバイクで自然の美しさを楽しむご旅行を!
凍結の心配がない時期なら...私も[車(セダン)]だったのですが。


やっと着きました。

一日中ここで風景を眺めたり..本を読んだり...jpg


いいですねぇ。一日。こんな場所で...
本を読んだり、風景を眺め、雲を追ったり...

こうしてみるとBurgでしょう...jpg


谷を挟んだ向こう側には
わかりますね。1077年に要塞として造られたお城。
Hohen Salzburg ホーエンザルツブルク 1996年に世界遺産に指定されました。

"カノッサの屈辱”事件(1076年)の際、教皇派だったザルツブルクの大司教は、
皇帝派の南ドイツ諸侯たちの報復攻撃から身を守るために、このような場所に
要塞のようなお城を築きました。

*カノッサの屈辱 ...あぁ!と思い出す方は、世界史がお好きだった方ですね^^
神聖ローマ皇帝ハインリッヒとローマ教皇グレゴリウス7世との間に起こった
覇権を巡る争いに端を発した事件。
詳細は、ヴィキを参照してください^^

そして反対側を見ると
Watzmann(ヴァツマン)が、頭を雲の中に...

IMG_1287.jpg


しばらく雲の動きを観察していましたが、
どうやら頂上までは見えそうにないので...

丘を降りることに。

ちょっと枝を梳きたい気分.jpg


どなたかのお庭です。
レンギョウの黄色が鮮やかでした。

そして..

ちょっといい感じの坂道.jpg


こんな小径を、
素敵なお庭を眺めつつ...
降っていくと

Kirschturm とんがり屋根ですね.jpg


明るい陽射しの中で、
心地よい散歩となりました。

さてさて...
次のupでは、ちょっとザルツブルクの風景を離れ、
研修が始まる前のイースター休暇中に尋ねた"BMW博物館"と"BMW-Word"で撮った
写真を数枚、upいたします。

お好きな方は、必見ですね^^
あまり上手には撮れていないので、..心苦しいですが
雰囲気だけでも!

では、次は日曜日頃ですかねぇ...

いつもお立ち寄りいただきありがとうございます[ハートたち(複数ハート)]
なかなかお伺いもままならず、心苦しいのですが。
これから皆様のところへ...[ダッシュ(走り出すさま)]

Gesehen!(73)  コメント(23) 

サルツブルクの小径 2 [ドイツ/オーストリアの旅]

海外へ行くと携帯の万歩計は使えない、と思っていたのですが、
(現地では見なかった^^笑)
ドイツ滞在中の期間もちゃんと記録されていました。

滞在中の最高値は、22,303歩
研修中は、だいたい5,000歩から6,000歩の間。
週末や研修後の放浪期間は、だいたい16,600歩でした。

お陰様で、持参した25インチのジーンズが、キツクなることなく..^^笑

〜*〜


ザルツブルクの路地裏の続きです。
また数枚、お付き合いくださいませ。

その先のビアガーデンが気になって...jpg


ちょっとした空間があると、
レストランやカフェのテーブルが並んでいて..
もう少し気温が高ければ、夕食は戸外で...
なんですけどね...

急に初夏の陽射しが.jpg


..で、寒いのかなぁ...と思いえば、
急に初夏の陽射しが、眩しく差し込んで。
本当に着るものには苦労しました...

夏場はひんやり涼しいです.jpg


GasseとGasseを結ぶPassage
夏は、ひんやりと冷たく心地よい場所。
ショーケースを眺めながら、歩いていくと

もう紫陽花が...jpg


紫陽花の大きな鉢植えが。
ちょっと高級そうなブティックでした。

へぇ〜1.jpg


さりげなく埋め込まれたプレート。
「この家で1825年の夏にフランツ・シューベルトが、友人たちと過ごす。 1923年 ウィーン シューベルト連盟 寄贈」
...なんて、書いてあったり...

訳してみると...凄い響き ユダヤ人通り.jpg


この通りの名は、”Judengasse" ユダヤ人通り
昔からある名前でしょうね。
ウィーンでも、ザルツブルクでも、ユダヤ人は、
文化・芸術の発展に大きな影響を与えました。
オーストリアは、昔から他民族国家

数日前の、オーストリアの選挙で 右翼政党が躍進したことは
ちょっと危惧しなければならない傾向かもしれません。
ISのテロ、難民問題で、ヨーロッパの人々は、少々疲れ気味のようです。
不満の先がどこへ向かうのか...

細い道..その先が気になる...jpg


細い道。
その先が気になるんですよねぇ。
入り込む前に、ちょっと一枚。

おじさん、わかんないとおもって呟いたでしょ...jpg


絵になるなぁ...
なんて、下にしゃがみ込んで構図を考えていたら...
「おうおう..こんなところにしゃがみ込んで...」って、
この背中のおじさんが呟いていました^^?
往来の邪魔にならないようにはしていたのですが...


さて...

坂道もあります..ここから次の風景へ.jpg


ここから、石段を登って
別の風景が楽しめる場所へ...

〜*〜


そろそろ "連休”が気になっている方も。
準備着々と...の方もいらっしゃると思います。
orangeは、先に有給を頂きましたので、
休日シフト。同僚が休む間のカバー..などなど。

そして、色々と新しい仕事の種も蒔きたいので、
お出かけはせずに...
であります。

お出かけされる方は、どうぞお気をつけて!
欧州、アルプス以北は、まだ寒い日も。
ドイツに関しては、治安は想像ほどに悪くなく,..でした。
ただ、置き引きなどにはくれぐれもご注意くださいませ!

Gesehen!(77)  コメント(26) 

ザルツブルクの小径 [ドイツ/オーストリアの旅]

Burg Salzburg.jpg



Salzburgザルツブルクはオーストリア。
オーストリア Österreich とドイツ語では書きます。

Salz + Burg = Salzburg
塩 + 砦(塞)の合成語です。
*終わりの g は、濁らない!クとkの音で発音します。

その名の通り、近郊には塩(岩塩)の鉱山が あります。
Bad Reichenhallの塩の鉱山の採掘権をバイエルンの領主から
譲り受けたザルツブルクのカトリック司教は、塩の交易で富を得ます。
それで築いた城塞がこちら。 1157年にはこの形で、丘の上に聳え立っていたそうです。
Hochen Salzburg(ホーエン ザルツブルク )hochた高い、高貴ななどの意味があります。

そして、日本でも青い円筒形のパッケージで
"アルペンザルツ"(Alpensalz)の名で有名な
ヨーロッパの食卓塩。実はここら辺りが産地です。

塩の鉱山 Alpensalz.jpg

バスの中から撮ったので、奥にピントが合ってしまっていますが...
ここがその採掘場 兼 加工工場。塩の鉱山の見学もできるようですが...

ちなみにHallも塩の意味がある単語です。
他にもHallstatt, Hallなどの地名があります。

さてさて...そんな塩の道を路線バスで一路 ザルツブルクへ。

"Die nächste Haltestelle ist Mirabellgartenplatz"
「次は、ミラベル庭園広場です」と聞こえたので、
即座に降車ボタンを押して...
中央駅まで行かずに、旧市街地の始まりで降りることができました。


裏口からのザルツブルク訪問です^^笑
「帰りは反対側ね」
「そうそう」
と確認をとって...
反対側の時刻表を見ると...

IMG_1218.jpg


ありゃ〜
まっ 17時のに乗りましょう。
最終便というのが、少々気になりましたが。

Durch das Tor .jpg


まずはMirabellgarten ミラベル庭園でこんな一枚を撮って...
(他にもありますが、またいずれ...)

早速、モーツアルトの生家がある旧市街地へ。

Aus dem Mittelalter schmale Gasse.jpg


die Gasse (ガッセ)と呼ばれる細い道が多い街です。
Salzach川(ザルツァッハ)川と小高い丘の間に広がる旧市街地。
それ故、道は狭く、何やら建て込んだ感じに。
それに加えて、GasseとGasseの間に建てられた建物を
突き抜ける Passage パッサージェ..これまた細い通りぬけのための道。

まぁ路地裏好きには、たまらない町です^^
幸いまだ、治安の心配は殆どなく...
一般的なことに気をつけていれば身の危険を感じることはまずありませんから...


では、そんな中から "第一弾”
ご覧いただければ幸いです...

ein geheimnisvoller Innenhof.jpg


Passageを抜けると突然明るい空間に出ることがあります。
Innenhof (インネンホーフ)中庭です。
住居の明り取りのために作られている中庭ですが、
その空間もまた、ちょっと隠れた”花園”のようでもあり..

ein zarter Frühling.jpg


ついついレンズを向けてしまいます。

Narzissen am Fenster.jpg


素敵な窓辺を見上げつつ..歩いて行くと
こんな民族衣装が。

Kostume.jpg


Passageの多くには、お店があり、ショーウィンドウが設置されています。
次の時は、この南ドイツの民族衣装を購入したいなぁ〜
って、ウィーンへ行った時も思ったのですが...
でもね...ジャケット、スカート、ブラウス...その他備品を揃えると..
軽く2,000ユーロ程度は[むかっ(怒り)]
...まぁ、本物上質は諦めて...ナンチャッテ品を百貨店でかなぁ....

eine Geheimtreppe.jpg


興味は、尽きませんが
今日はこの辺にて。

Das Restaurant ist noch nicht geöffnet.jpg


お付き合いいただきありがとうございました[ハートたち(複数ハート)]
Gesehen!(72)  コメント(29) 

ザルツブルクのスタバ [ドイツ/オーストリアの旅]

やっとSDカード1枚分の写真データを
外付けのハードディスクに読み込みました。
今回は、2枚のSDカードを使用。

どうしましょうかねぇ。
恒例の何枚撮ったでしょう?クイズ。^^笑

いえ、今回は、クイズでお土産get!はいたしません ~ ~;..悪しからず

冬物持って行きすぎで、スーツケースパンパンでした[ふらふら]

〜*〜


自然の風景が続いたので、
ちょっと町の風景を。

研修の後、ミュンヘンのホテルが
見本市の都合でベラボウな値段になっていたので、
電車で2時間くらいのバイエルンアルプスの村へ移動。
Berchtesgaden ベルヒテスガーデン(ドイツ)

この村に3泊しましたが、ここから
サルツブルク(オーストリア)へ[バス]バスで行きました。
宿泊者カードを見せると往復で5ユーロだったお話しは、
現地からのご報告で紹介済みですが、
まぁ...近いです。車窓から風景を眺めている内に
着いてしまいますから。

ウロウロ散策をしたのですが、
夕刻近くになりちょっと休憩というわけで、
スタバへ。

*別にザルツブルクで行かなくっても..とお思いでしょうけれど、
1. WiFiが使えること、
2. ドイツでチャージしたスタバカードを持っていたこと..
3. あっさりしたコーヒーが飲みたかった[exclamation]
が理由でこちらへ....

場所は、モーツアルトの生まれたお家の近く。

モーツアルトの生家...何度見学したかなぁ.jpg


この日もたくさんの観光客が。
(今回は、中へは入っていません..学生時代に数回見学しているので..)
某C国の方々が、何組も...
日本人に人気のザルツブルクで、それもモーツアルトの生家周辺で...
日本語を聞かないというのも...異変です(笑)

で、スタバは、さりげなく...

Salzburgのスタバです..隣は小さなレストラン.jpg

*左手が入口。右側の可愛らしい建物は、別のお店。カフェです。

入ると、あのスターバックスの香りが...
ドイツのスタバカードは使える?と聞くと
同じユーロ決済だけど、国をまたいでは無理と...
「Filterkaffee toll, bitte」(フィルターコーヒーのトールサイズを)というと
「2ユーロ40です。」..
あらま..ドイツよりちょっと高め。ドイツでは1ユーロ95
同じドイツ語圏でも、やっぱり国が違うと...
...って、いつの間にか、国が変わっているのです。(笑)

2階は事務所が数軒?.jpg


店内の様子をチェック!
あぁ..地下も写真を撮ればよかった...
結構古い建物を上手に使っている感じです。
アーチ型の天井の梁が物語っていますね。
2階は、そのビルに入居する事務所の廊下

おしゃれな照明器具.jpg


入り口で、Wifiだけを使う旅行者のお嬢さんたち...
ちゃっかり者ですね^^

ちゃっかり娘さん達が.jpg


まだ帰りのバスまで時間があったので、
あたりを散策。
こちらはモーツアルトの生家の裏口側にあるレストラン/カフェのテラス。
裏手の方がお洒落ですね(笑)

こちらの方が静か...jpg


これは....

一応 景観に合わせて.jpg


やはり時代と共にですねぇ...
結構賑わっていましたよ。


そして、バス停近くのCafé
ちょっと往来が多くて、理想的なロケーションじゃないけど
ミラベル庭園の裏側にあったカフェ。

少し時間があったら...イケメンさんの傍に座ったのに.jpg


そろそろ戸外がここちよい季節です。
今日のザルツブルクは 19℃。
降水確率も昼間はそれほど高くなく、
素敵なお散歩日和になりそうです。

さて...そろそろ第1弾 路地裏探検に参りましょうか...


Gesehen!(49)  コメント(20) 

曇りがちだったので町へ [ドイツ/オーストリアの旅]

朝食の時にペンションのオーナーさんに
「お天気どうですかねぇ..」と尋ねると
「まぁ半々ね..」と[雨][晴れ] 言われたので、
迷わず町へ行くことにしました。

山の天気なのです..
兎に角天気予報は当たりません。特にこの季節は[ふらふら]

IMG_1217.jpg


バス停で、山の方を見るとこんな感じ。
この山の間に、その湖があります。


で、向かった先はザルツブルク。
宿泊先の宿のカードを見せると割引になると。
乗る時に払ったのは5ユーロ (1ユーロ=125円くらいですかねぇ)

乗車すること40分くらい。
ゆっくりと景色を見つつ、退屈しませんでした。

これまで何度か来たことがありますが、
常に電車でミュンヘンから。
バスでの訪問は初めてです。
...なんだか裏口からお尋ねしたような感じのアクセス。

それでも10時半頃には町に到着ですから
観光客も少なく、例のC国の方達もまだいらっしゃらず...

何年ぶりでしょうねぇ..
大聖堂の屋根を見下ろす風景も昔のままでした。

IMG_1276.jpg



位置関係は、こんな感じ。
盲腸のようにドイツが、オーストリアに突き出しています。
基本的には、国境はあまり関係のない地域です。
文化、方言などは同じようなものですから。

スクリーンショット 2016-04-10 19.38.40.png


今回は、町撮りに徹して、
モーツアルトの生家やお住まいだった家、
昔えらいカトリックのお坊さんが住んでいたお城は見学せず...
ひたすら路地裏探検をしました。

IMG_1245.jpg


今日は、i-Phone画像のみにて失礼します。
ウロウロしている内に、晴れて来て..
見晴らしの良い場所ではこんな風景が。

この大きな山の麓が今いる”村”の方角です。

IMG_1280.jpg


再び、バスに乗って村へ帰ったのですが、
実は、行きに払った5ユーロは往復運賃だったのです[わーい(嬉しい顔)]
帰りのバスの運転手さんに宿泊者カードを見せ、5ユーロ出すと
「朝の切符持ってる?」と言われたので「Ja! はい」と言うと..
「いらねぇよ」って 5ユーロ返してくれました...
「えぇ...安いですねぇ...」っていうと「俺みたいだろ」って...
はぁ[exclamation&question] まぁ、この地方の人は気さくです。

往復で5ユーロ。
なんだかとても得した気分でした。
日本の公共交通機関で300円で行ける距離..


路地裏写真も撮れたし、
それなりに美味しい昼食も食べられたし..
良い1日でした。

朝のバス停に戻って来るとこんな風景が。

IMG_1314.jpg


明日は、晴れそうです[わーい(嬉しい顔)]

Gesehen!(35)  コメント(18) 

Frohe Weihnachten! クリスマスですね [ドイツ/オーストリアの旅]

[クリスマス][ぴかぴか(新しい)][クリスマス]Frohe Weihnachten![ぴかぴか(新しい)][クリスマス][ぴかぴか(新しい)][クリスマス]


..って、今晩 orangeは仕事です[ふらふら]

〜*〜*〜

そんなこんな..ですが、引き続き ウィーンの街角から
(えぇ?仕事はどこでしているのか?...Wienから...Berlinから...って、技術的には可能ですが)

PC180042.JPG

教会の前でも樅の木を売っていました。
日本の門松のように、本当の生の樅の木を飾ります。
広場に樅の木市が出ているといい香りがします。

PC185442.JPG


1700年代半ばに建てられたカールス教会(Karls Kirche)
高い天井とそこに描かれたフレスコ画が美しいことで知られています。
優美なルネサンス様式

PC185422.JPG

前ページの夜景で撮った教会です。
前の広場にはクリスマスマーケットが。

PC180055.jpg

大理石の祭壇彫刻


PC180048.JPG

教会の天井を見上げて...
(フレスコ画の修復中で...足場が残念..><;..)





Kuhlmanの伸びやかな声のAve Mariaを聞きながら
画像をご覧ください。
天井高く登る響きを少しでも感じていただけると嬉しいです。


こちらは
ヴォティーフ教会(Votivkirche)
1800年代後半に建てらえたゴシック様式の教会。


PC215720.JPG


こちらも天井が高く、ゴシック特有の森の中を思わせる構造です。

PC215729.JPG


美しいステンドグラスが有名です。
寒かったのですが....ブレずに撮れました。
一部ですが、ご覧ください。

PC210215.JPG

ご家族との楽しいい宴の後、
静かな夜をゆっくりとお過ごしください[ハートたち(複数ハート)]

Gesehen!(54)  コメント(21) 

ウィーンのクリスマス風景 [ドイツ/オーストリアの旅]

いよいよクリスマスイヴの週となりました。
日本でもイルミネーションの飾りも季節の風物詩となっていますね。
北風も冷たくなって、季節感満点。

緯度の高い欧州、特にアルプス以北では、
冬場の日照時間も短く、午後3時頃になれば
薄暗くなります。

PC210286.JPG

ウィーン市内には21箇所もの場所で、クリスマスマーケットが開催されます。
落日の空を眺めつつ、賑わうクリスマスマーケットを巡りを始めます。。。
...というより、歩くとクリスマスマーケットに行き当たる。
そんな感じです。


PC200036.JPG

ドイツのクリスマスマーケット巡りツアーが人気のようですが、
本場のクリスマスの雰囲気をゆっくり味わいたい方は、
やはりウィーンがお薦めでしょう。
それも1箇所滞在で。

PC190098_2.JPG

旧市街全体が世界遺産に登録され、
様々な様式の建物が立ち並び、
なんと言っても美食のハプスブルク家によって栄えた街ですから、
スイーツのお店もたくさんあります。

PC180133.JPG

地味なディスプレイですが、老舗のDEMEL
中は、チョコレートを買う人でごった返していました。

PC195551.JPG

コンサートを楽しむにも、プログラムは様々。
昨年の滞在では、ミュージカル”エリザベート”を見に行きました。
日本でも人気のこのミュージカル。
残念ながらウィーンでの上演は、2014年の1月に終了しています。(...ので念のため)

PC190101.JPG

小ぢんまりとした劇場でした。

PC190105.JPG


さて...次回は、何をご紹介しましょうか。



Gesehen!(49)  コメント(21) 

クリスマスマーケットへ [ドイツ/オーストリアの旅]

あっと言う間に時間が過ぎて、
気づけば...

一年中こんなことを言っていたような気がします。
さて、これからクリスマスマーケットへ。

瞬間移動で、ウィーン散歩にご一緒いただけますか。



PC230138.jpg


ホテルから、細い路地を歩いて
辿りついたのは、市役所広場の前のクリスマスマーケット。
色とりどりのツリーの飾りが
白熱灯に揺れて...

PC180189.JPG


見ているだけでも楽しいです。
全部欲しくなってしまいます。
"連れて帰れそうな子"を探しながら...
レンズの記憶に残します。


PC180175.JPG

Grühwein (ホットワイン)とクリスマス菓子の甘い香りが
漂う雑踏から少し離れて...


PC180170.jpg



さて、次はどこへ


〜*〜*〜*〜


昨日(12月20日)は、かなり強い雨が降りました。
えっ...大阪のお天気です^^

なんだか..リズムが狂うとブログ更新も滞りがちに。
月曜日からは、仕事のリズムも少々クールダウン。

年賀状を書いて、
諸々のことを片付けて...

Gesehen!(43)  コメント(11) 

ぎゃぁ〜 すみません^^汗 [ドイツ/オーストリアの旅]

.....[あせあせ(飛び散る汗)]

............[たらーっ(汗)]

ごめんなさぁ〜い
..実は、orange大阪におります[ふらふら]


かなりたくさんのコメントをいただいてしまいました。
申し訳けございません^^?

更新の微妙な間が、かえって真実に味付けをして...
年末まで、今年は走り続けます...師走[ダッシュ(走り出すさま)]


確かに”里帰り”を企んでいた/る、のですが、

サーチャージの金額に慄き、
そこへ、原油価格値下げのニュースが入り、
予約をキャンセルしました。
来年2月頃...と思っていたのですが。

様子見です。
次はマイルで[飛行機]予定ですから。
できればLシーズンに。

そんな、自力で年に2回も[飛行機]なんて...できません><;


...それでも気になるクリスマスマーケットの様子。

昨年のウィーンのクリスマス風景もまだupしていない写真もありますので、
どうぞみなさん、拙いorangeの写真で、
仮想 ウィーン散歩におつきあいくださいませ....^^?


..そうそう....昨年の丁度今頃は、


この[飛行機]に乗って、飛んでいたのです。

PC170059.JPG


NRT = VIEをノンストップで飛ぶのが魅力です。青組。
PC170073.JPG

でも、快適性はあまり求めてはいけません。


PC180089.jpg

この写真を覚えていらっしゃる方...
よぉ〜くご覧戴いている方だと思います。


空港から 地下を走る鉄道でウィーンの中心部まで
30分くらいで到着できるのはとても便利だと思いました。

地下駅から地上に出ると...
こんな風景が待っていました。

PC180097.jpg


..本当にごめんなさい^^?


Gesehen!(48)  コメント(14) 

お気に入りの場所へ [ドイツ/オーストリアの旅]

ユーロ/円の相場はちょっと気に入りませんが...
やはり”里帰り”の季節ですから....

また、しばらく行って参ります^^

この風景が見たくなって...

FRA.jpg


今の職業選択に悔いはないのですが、
この風景にワクワクするのなら...
いっそここで働きたかったとも^^笑


FRA2.jpg


やっぱり”移住計画”真剣に考えないと...


HND.jpg


ビタミン[飛行機]チャージ[雷]


さて、どこへ行く[飛行機]かは...
お楽しみ[わーい(嬉しい顔)]


Rathaus.jpg

今年は欧州も寒そうです...[雪]



Gesehen!(58)  コメント(18) 
ドイツ/オーストリアの旅 ブログトップ